この展覧会のタイトルは

      恋文〜三人だからできること / 絵画 立体制作展です。

 
 社会人として京都造形大学通信教育部洋画コースにて知り合った三人による展覧会です。

 独立した作家でありながら、どこかで混交し互いの世界観が溶けあうような共通した傾向

や熱をもった何か、これを私たちは「恋文」としました。

 たくさんのキモチを込めて描くことと想いを伝えるために書くラブレター・・・どこか

似てませんか。

 これまで大切に育ててきた三人ならではの「恋文」をどうぞお楽しみにください。

 ハガキ裏

       ここで主催者でもある三人のメンバーを紹介します。

□ 大下かる(水彩、パステル等により透明感・空気感を大作で表現)


大下かる (602x800)
作品 「秋空」


□ 福田奈々子(身近な存在や感情を独自の視点で制作)

福田奈々子 (800x618)
作品 「宇宙からやってきました」


□ 広瀬玲子(油彩を中心に自然の中にしみこむ作品を制作)

広瀬玲子 (800x588)
作品 「循環ー往ー(ゆき)」


 ■ 期間    12/4(火)〜9(日) 11:00〜19:00(9日は17:00まで)

                    ♪ 8日(土) 12:00〜ランチタイムコンサート開催 (入場無料)

 ■ 詳細  広瀬玲子ブログ
        http://ameblo.jp/r-kisetsu/
 



 


 

  

 
続きを読む