独立した三人の女性作家が繰り広げる、

「恋文」〜三人だからできること/ 絵画・立体制作展 

4日ギャラリー内にそれぞれセッティングされオープンを迎えました。

DSCN0442 (800x600)
作家の一人 広瀬さんまだ色々作業中ですね!「ご苦労様です」


DSCN0448 (800x600)
 この玉状の素材は、タコ糸を染色し「心臓」をイメージしているとか?

 その下のかわいい巣箱の様なものは、メッセージの投函箱みたいです。

 皆様ご来場の際は、是非投函よおしくお願いします!


DSCN0444 (800x600)

画面右、大下さん作品の背面に実はギャラリーのマドがあります。

この窓からの自然光がバックライトになり、時間と共に画面が変化

していく様が楽しいです。

DSCN0446 (800x600)
三点のうち左絵画と右のタピストリー作品(葉っぱのイメージ?)は

広瀬さんの作品です。

中央は福田さん作によるもので、絵画の中の花びら?は

染色の紐が張り込まれた?ユニークな作品です。

DSCN0451 (800x600)
これは三人の共同作品とか。まさに「三人だからできること」ですね!



  ほんの一部の紹介でしたが、とても楽しい展覧会で12/9(日)まで開催中です!

  なお 8日(土)の昼時は、♪ ランチタイムコンサートのイベントがあります。



  もちろんすべて無料ですので、皆様お誘い合せの上ぜひ遊びに来てください。 

  期間中、毎日日替わりで作家さんが在廊しますので

  詳しい作品説明他、何でも気軽に話しかけてください。

 
  ではお待ちしております。