この週末東京でも、かなり凍りつくような冷たいが吹きました。

早いもので1月も明日31日で終わってしまいますね!

そんな1月の最終日曜日に以前より各サイトでご紹介しておりました

映画制作会社の「ルーラルー」による「スルメ泥棒のいたころ」

上映が行われました。

 当方も最終上映回に入場して楽しんで参りました。その時頂いたチラシです。

ルーラルーちらし

上映会の様子”暗幕で中が見えません!”



   全編70分程の作品でしたが、大変な?展開の「まさに噛めば味の出るスルメ?」

とは製作監督の中村さんの弁でした。ですが「知名度の点で厳しい興行だった」とも

付け加えておられたのが印象的で、今後更なる飛躍の決意も宣誓されました。

    是非是非頑張って欲しいと思います。